ブログの書くスピードと質を上げてゾーンに入れる3つの方法はコレ!

ブログ

 

ブログ記事を書いててなんか集中できていないな~、すぐに中断してYouTubeを見てしまったり、自分がノっていないことってよくあるんだけどどうにかならないもんかな…

 

実はコレほぼ私なんです。でも、ある3つの方法を取り入れてからは記事執筆に集中して時間も忘れるくらい変わることができました。

 

今回はその方法を皆さんにご紹介していきたいと思います。

 

今回のテーマ

ブログ執筆に対し多すぎる「誘惑に勝てない」迷える子羊たちを救います!

 

先日にこんなツイートをしています。

 

結論から先に言うと、私が実践しているブログ記事に集中できる3つの方法はこれです。

 

記事執筆に集中できる方法

・集中できる音楽を聴く
・爪楊枝を口に入れる
・昔懐かしいラムネを舐める

 

この3点です。特に調べてこれを見つけたというわけではなく、なんとなく自然に気が付いたらこのカタチに落ち着いていました。

 

これは、ポジショントークではなく本当にパソコンの前に座って文字を打ち始めたら1時間2時間はあっという間です!集中力もほぼ途切れることなく最後までやりきれています

 

今回この記事を書いたのは、前から気になっていたこの3点について何か理由があるんじゃないかということを知りたかったからなんです。

 

この記事を読んでくださっている方は、「何かの作業に集中するためのルーティーンの見つけ方、作業集中に対する考え方と対策、有効でかつ効果的な時間の使い方」までもがイメージできるようになると思います。

 

記事を3行書いたら横になり、YouTube動画を見て寝落ちしていた過去の私と今のあなたに喝を入れるためにも真剣にこの記事を書いていきますね。

 

それではさっそく見ていきましょう。

 

ブログの書くスピードと質を上げてゾーンに入れる3つの方法はコレ!

 

先ほどもご紹介した3つのルーティンはなんとなく始めたもので、特に理由があるのかどうかも分かりません。正直この記事を書いている今も分からないので調べながら書いて行くことにしましょう。

 

・集中できる音楽を聴く
・爪楊枝を口に入れる
・昔懐かしいラムネを舐める

 

集中できる音楽を聴く

 

ちなみに私が記事を書くときには必ず効いている音楽はYouTube の「すごい効果!驚くほど集中状態へ、自律神経を整え記憶力を向上癒しのピアノロール不眠解消、疲労回復」という音楽です。

 

時間も2時間くらいなので記事執筆のいい目安にもなります。

 

「早いテンポの曲を聴くと作業効率が上がる」と一般的に言われてもいますが、 音楽のジャンルによる作業効率の変化はないという研究結果も出ているようです。

 

マウスを使った研究によると、「完全な無音状態よりは、雑音のような一定レベルの音を聞かせる方が学習能力が上がった」という結果も出ています。

 

これは人間でも同じで「無音状態よりは50デシベル程度の雑音」があるほうが学習能力や集中力が上がると言われています。

 

ちなみに50デシベル程度とは「静かな喫茶店」くらいの雰囲気です。

 

「静かな喫茶店」くらいの雰囲気が最も集中できる

 

クラッシック音楽などのボーカルの入っていない音楽を聞くことで脳内のアルファ波やシータ波が高まることが認されているので音量を気にしつつ試してみることをオススメします。

 

爪楊枝を口に入れる

 

私の場合、爪楊枝を口に入れているときは、ただ入れているだけではなく舌や口を使って常に動かしています。実はこれにも意味があったのです。

 

調べる前に自分なりに考えていたことは、「口の中の舌を動かすことによって何か意味があるのかな…」くらいに思っていましたが、 大事なことは「あご」を動かすということでした。

 

顎と脳の筋肉はダイレクトにつながっているため、脳に与える影響が大きいのです。

 

あごを動かす事によって脳を活性化させる

 

顎を頻繁に動かすことによって脳みそを活性化させ、集中力や思考力をアップさせる効果があったのです。 よくよく考えてみたら「ガムを噛む」行為は集中力が高まると言われていましたね。大リーガーの野球選手もくちゃくちゃ噛んでいますもんね。

 

周りから見るとマナー違反とも取られてしまいそうなので、ガムや飴は注意が必要ですよ。

 

昔懐かしいラムネを舐める

 

駄菓子屋さんで売っていた昔懐かしい「森永のラムネ」。 ちなみに原材料は 、ぶどう糖、タピオカでん粉、ミルクカルシウム/酸味料、乳化剤、香料、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)となっています。

 

森永ラムネの原材料ぶどう糖、タピオカでん粉、ミルクカルシウム/酸味料、乳化剤、香料、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)

 

子供の頃から急に食べたくなるお菓子の一つで、これを食べているとなんとなくシャッキリするような感覚が前からありました。

 

今回調べてみてビックリ!結構な数の「ラムネ・集中力」に関する記事があったのです。

 

結論から言うと脳内の集中力をアップさせるには「ブドウ糖」が良いとされているみたいで、そのブドウ糖が90%以上配合されている神お菓子こそがこのラムネだったのです!

 

働き方改革の一環としてある株式会社では、このラムネをオフィスの至る所に設置している会社もあるほどなんです。

 

ラムネの原料でもあるブドウ糖に秘密があったのですね。

 

ブドウ糖=脳みそが頑張れる食事

 

ちなみにこのラムネ「二日酔い」や「 眠気覚まし」にも効果があるみたいです。

 

しかし注意点もあります、脳を覚醒したいからといってラムネを大量に食べるのは逆効果なんです。血糖値が上がってしまい逆に眠くなる可能性もあるので少量のラムネを時間をかけて食べることをお勧めします。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

本人もびっくり!なんとなくやっていたことが実は論理的に説明できる行動だったんですね。

 

皆さんも集中力アップにつながる自分なりのルーティーンや環境づくりを探してみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

今日も私の大事な「ラムネ」と「爪楊枝」は大活躍ですっ!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました